離婚相談を弁護士にするメリット・デメリット

弁護士に離婚相談を依頼すべきかどうか

離婚相談における弁護士の役割

離婚相談にかかる弁護士費用ってなんとなく高そうなイメージがありませんか? 高い費用を払ってまで弁護士に依頼するなんて、意味のあることなのかどうかもわかりません。 当サイトでは離婚の際、弁護士に相談するべきかどうかを様々な角度から検証してみました。

離婚相談での得策はなんといっても弁護士

「離婚」には、配偶者の借金、浮気、暴力など、様々な背景があります。 そして、実際に離婚を考えた時、直面するのが、子供の問題や、慰謝料、財産分与・・・。 もちろん、自分で解決していく事もできますが、離婚問題で疲れきっている中、仕事、子育てなどをしながら、 これらの複雑な問題に直面する事はかなり困難な事です。

離婚問題の当事者(夫婦や身内)同士だけで話し合おうとすると、 どうしても、力の弱い側や法律的知識のない側が不利になってしまい、 相手の主張を大幅に認めることになりがちです。 後々、「離婚に関する約束事について、離婚協議書や公正証書などといった書面に全く残していない」とか、 「不利な条件なのに、署名してしまった」といった問題も起こりかねません。

そんな時、離婚相談にのってくれたり、依頼人の代理人として離婚の話し合いを 進める手助けをしてくれるのが、法律の専門家「弁護士」です。 弁護士は、「依頼人の利益」を第一に優先します。ですから、依頼人の法的権利、 金銭的な条件に関して、豊富な経験、過去の判例を元に、個々のケースに最もよい アドバイスをくれます。

弁護士に離婚相談する最大のメリット

もしかしたら、「離婚」が最良の方法ではないのかもしれません。 感情的になって冷静さを失ってしまっては、話し合いも進みません。 法律の専門家として、第三者の立場から、問題解決への糸口を探してもらう事で、 大きな心の支えになる、それが弁護士を依頼する事の最大のメリットなのです。

頼れる離婚交渉人。それが弁護士です。

また、弁護士は、依頼人の代理人として相手側との離婚交渉を行い、 適切な決着点を導き出してくれます。夫婦が重ねた年月の間には、 様々な出来事が起こっています。弁護士は、その一つ一つの出来事から必要な事実を抽出し 、伝えるべき事、訴えるべき事を整理し、交渉をすすめます。 これは、自分一人で、できそうで、できない、辛く難しい作業です。 依頼はともかく、まずは相談してみる事です。

離婚問題を他人に話すのは、抵抗があるかもしれませんが、 弁護士には、守秘義務がありますから、決して、相談内容を口外することはありません。 離婚無料相談、電話相談、匿名相談など、最近では、様々な形で、離婚相談を弁護士に できるようになっています。相談したから、絶対に依頼をしなければいけない、 というきまりもありません。離婚相談は、離婚を前提としていなくてもいいのです。 離婚に至らない相談や依頼もできますし、相談するだけで、「離婚」をくいとめられるかもしれません。

離婚問題のことなら、一人で悩まずまず無料相談を。

離婚相談にかかる弁護士費用のことは考えず、 悩んでいたらまずは無料相談に行かれることをお勧めします。 離婚問題は、相談相手もいなくて、一人で悩むケースが多いのですが、 その時間があなたにとって必要な時間とは限りません。 前へ進む為に、一度、弁護士に相談するという方法を考えてみましょう。